FC2ブログ
豚に真珠を ~ Give Pearls to a Swine.
外国語に精通していない店主が見ていて楽しいビジュアル系洋書の紹介。
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Emily's Book of Strange (Emily the Strange)
2006年01月16日 (月) 10:32 * 編集
0811839869.01.LZZZZZZZ.jpg

二作目の壁

店主評価★★

以前紹介した「Emily the Strange」の第二弾。

斜に構え背伸びしたライフスタイルが魅力の女の子エミリー。彼女の「変わり具合」を彼女の日常からイラストとして切り取っていくスタイルは第一作目とコンセプトは同じだ。しかし「人物描写」というテーマで二冊続いてしまうと流石に食傷気味。全く違った展開にして、「アレ?こんな子だったの」とファンををガッカリさせない配慮なのか、作者が冒険をさけたのかはわからないが、むしろガッカリするくらい違った展開に進む方が Emily にふさわしいかった気がする。

シニカルな少女が自分の変わりっぷりを説明し続けるなんてありえないから。絵も、手慣れた感じにはなってきたけれど整いすぎて可愛さがなくなったと思うのは店主個人的感想。。と言うわけで全てに於いて全作を超えることが出来なかった典型的続編という評価。

第三作もでているが気が向いたら期待せずに購入しよう。ペーパーバックのコミック版ではエミリーが喋りまくっているそうだから、どちらかというと、そっちの方が楽しそうだ
Emily's Book of Strange (Emily the Strange)
by Rob Reger , Buzz Parker
2003 Chronicle Books
64p


スポンサーサイト
■ Comment
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。