FC2ブログ
豚に真珠を ~ Give Pearls to a Swine.
外国語に精通していない店主が見ていて楽しいビジュアル系洋書の紹介。
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ バーコード革命
2005年08月12日 (金) 10:20 * 編集
20050812101804.jpg

変幻自在バーコード

店主評価★★★

基本的に洋書の紹介をしているのだが、「楽しいビジュアル」がテーマなのでたまには日本の本の紹介。

ほとんどの商品についているバーコード。製造元はもちろん、スーパーマーケットのように膨大かつ出入りの激しい商品を管理するにはこれなくして不可能に違いない。また、アルバイトにレジを任せられるのもバーコードあってのことだ。これがなければレジ前は長蛇の列をなすことだろう。実用度が非常に高いだけでなく、単なる線の集積で構成されるデザインはミニマムデザインの美しさがある。

本書はこのミニマムデザインに手を加えて、エモーショナルな表情のあるデザインに変え、バーコードの新たなる可能性を提案している。サントリーの「アミノ式」「カテキン式」などへ実際に利用されているので見たことがある人も多いと思うが、バーコードを人間がかついでいるように仕立てたり、のぼらせてみたり…、無味乾燥な情報がストーリーを持つことの面白さは目から鱗だ。

英語のわからない日本人が楽しめる洋書とは逆に日本語の分からない外国人が見て楽しい日本の本ではないだろうか?
バーコード革命
このバーコード、実際に使えます!
by デザインバーコード社

>2005 アーティストハウスパブリッシャーズ
>120mmx175mm, 144p

スポンサーサイト
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。