FC2ブログ
豚に真珠を ~ Give Pearls to a Swine.
外国語に精通していない店主が見ていて楽しいビジュアル系洋書の紹介。
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Rauschenberg: Art and Life
2006年04月24日 (月) 22:45 * 編集
rauschenberg.jpg

グッと来ます。

店主評価★★★★★

ロバート・ラウシェンバーグは20世紀のネオダダ、ポップアートの作家だ。表現主義的ペインティング+写真のコラージュ、アッサンブラージュ、マルチマテリアルによる半立体などその表現手法は多岐にわたる。複層化されたイメージは作品を見るたびに様々な表情を見せてくれる。ダダイズムの巨匠マルセル・デュシャンの難解さ、ポップアートの星アンディ・ウォフォールのような問答無用のわかりやすさとはまた違った魅力がラウシェンバーグにはある。

本書はラウシェンバーグ初期から1980年代までの作品を集めた作品集だ。ページ数も300ページを超え、作品のほとんどはカラー、プリントもなかなか綺麗である。ラウシェンバーグらしい一冊だ。ただ、立体ものやマルチマテリアルものは光の加減で見え方が随分と違うので、画集ではよく思うことだが何といっても実物を見たくなる。

ラウシェンバーグというと二十数年前、まだ学生だった頃、西部美術館の脇にミュージアムショップがあってそこにアクリル板に刷られたオリジナルの半立体版画が三十数万円で売っていて、次のバイトで稼いだお金で手に入れようと思ったもののお金が出来たときには時遅し、すでに売れてしまっていたという苦い過去を思い出す。今でも借金をしてでも即刻買っておけばよかったと後悔している。欲しかったなあ~、羊の作品だよ。
RAUSCHENBERG / ART AND LIFE
by MARY LYNN KOTZ

1990 Harry N. Abrams, Incorporated
275X265 320p

スポンサーサイト
■ Comment
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。