FC2ブログ
豚に真珠を ~ Give Pearls to a Swine.
外国語に精通していない店主が見ていて楽しいビジュアル系洋書の紹介。
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Cock-Indian Firework Art
2006年03月27日 (月) 22:47 * 編集
cockindia.jpg

the HA NA BI art
店主評価★★★

インドでは Festival of Lights というイベントが行われているようで、そのイベントにはたくさんの花火が使われているらしい。祭りが宗教的なものと関わりがあるのか無いのかはわからないが、ここで使われる花火のパッケージにはヒンズー教の神様達に彩られた極彩色の世界が繰り広げられている。お腹がイッパイになるくらいの原色、プリミティブではあるが執拗な細部表現。それと対比するように記号化された花火の再現。強烈なイメージにじっくり見ているとめまいを起こしそうになる。

誰が何といおうと、これはインドだ。インド以外の何物でもない。翻って日本に目を向けてみる。これは日本だ。日本以外の何物でもない。…と言い切れるデザインって一体なんだろう。

本書はインドの花火メーカーのパッケージを集めている。店主の提唱する「ビジュアル本は100ページ以上が吉」からすると86ページとページ数は少ないが、本の装丁が通常の綴じたものではなく、経文がごとく蛇腹状に折り込まれているところが面白く退屈しない。全編総天然色、部屋をかたづけてざーっと広げて観覧しよう。凄い迫力だ。

Cock-Indian Firework Art
by Gavin Aldred

2001 Westzone Pub Ltd
310X160, 86p

スポンサーサイト
■ Comment
■ コメントを投稿する
■ URL
■ Comment
■ Pass
■ Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。