FC2ブログ
豚に真珠を ~ Give Pearls to a Swine.
外国語に精通していない店主が見ていて楽しいビジュアル系洋書の紹介。
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Album style and image in sleeve design
2006年06月05日 (月) 22:01 * 編集
Albumstyleandimageinsleevedesign.jpg

LPジャケット今昔物語
店主評価★★

レコードジャケットものは今までも何度か紹介したが、ビジュアルを楽しむ素材としてはとても魅力的だ。思想も宗教も哲学も違う様々な国の様々な音楽が様々な人々をターゲットに同じ版型にデザインされている。「世界標準」をなかなか決められない世の中においてこれ程多くの人々に許容されている「枠」も珍しいのではないだろうか。日々世界中で生み出されては消費されるこれらのデザインを全て収集したらどれほど素晴らしいだろう。好きなモノも嫌いなモノも全て集めて並べたときに何が見えてくるのかとても興味がある。

本書の切り口は特定のデザイナーや音楽ジャンルといった分け方ではなく、時代別にデザイン分類したものだ。1878-1940, 1940-1949, 1950-1959, 1960-1969, 1970-1979, 1980-1989, 1990- の七つの時代に分類し、その当時話題になったアーティストやデザイナーのジャケット(Sleeve Design) を掲載している。

ページ数、収録数(約500点)、装丁、複写のクオリティなど店主が推奨するビジュアル本の要件をを満たす基本的にとても良質な本だがさすがに100年以上の歴史をこの中に収めてしまうのはやはり無理があるようだ。もちろん時代ごとの印刷技術、デザインの流れなど大まかに本書の目指す「雰囲気」を感じることは出来るが何というか「高校の美術の教科書」を眺めているような気になってしまうのは内容的にどこか物足りなさをぬぐえないということだろう。というわけで内容の割に手厳しい評価の二つ星。

しかし、本書のコンセプトを踏襲した「売れる・売れない」は別として大がかりなジャケット大全(数千ページ級)はとても意味あるとおもう。印刷媒体での出版は無理ならばネット上のフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)のような形で電子ライブラリーを構築するのもいいかも。
More...
スポンサーサイト
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。