FC2ブログ
豚に真珠を ~ Give Pearls to a Swine.
外国語に精通していない店主が見ていて楽しいビジュアル系洋書の紹介。
Top | RSS | Admin
■ スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ Tres Logos
2006年12月19日 (火) 00:38 * 編集
20061219002619.jpg

アオデキタカ!!
店主評価★★★★

ロゴマークという性格上、息の長いデザインが求められる。「息の長い」というのは流行に流されすぎないということだ。そう言う意味でロゴのデザイン本というのは勉強にはなっても面白みという点では「これは楽しい」と諸手をあげて喜べるものはなかった。

ところが2002年loslogosという掛け値なしに「タノシ・オモシロイ」ロゴ本が世に登場した。ページをめくるたびに押し寄せてくる新鮮なロゴ群。これこそ時代に沿ったというか今の時代を上手く捕らえたロゴ本キタ、と興奮したことを思い出す。

二年後の2004年、続編doslogosが出版される。doslogosを紹介した記事でも触れているがデザインの方向性に第一弾との差はないものの分類を分けるなどの工夫で新鮮さを保っていたように思う。また、何といってその量的ボリュームに圧倒されたものだ。

それからさらに二年後の2006年、第三弾はやってきた。

もちろんある期待を持って手に持ってみたわけだが、期待が大きすぎたせいか残念ながら今ひとつ盛り上がりに欠けていた。印象はというと、第二弾といっしょ…、というか見た目でのレイアウトの変更がない分「飽きてしまった感」が強い。

もちろん全て新しいロゴなのだが、収録数一冊あたり数千、三冊あわせると軽く万を超えるであろう膨大なロゴ群はもはや店主の頭の中では整理がつかない…。上手くは言えないがページをめくっていても「どっかでみたな」ような感覚にとらわれてしまい新鮮さが感じられないのだ。

これが、「慣れ」というものなのか。見る側とは身勝手なものである。ただ、編集側の熱意は第一弾から変わらずパワフルだし、もちろんロゴ蒐集本としての価値はかなり高いと思う。デザインに関わるものとして持っていれば役に立つ場面も多そうなので極端に評価が下がるものではない。

さて、このシリーズの先行きに1つ提言。「おまえには関係ないジャン」といわれることを覚悟の上で書かせてもらえば、とりあえずこの先一年ごとにloslogos、doslogos、Tres Logosの廉価版を出す。そしてその2年後つまり本書から5年後に新logosを出版。以後2-3年で廉価版発売、翌々年に新刊本と5年スパンのペースで出版してはいかがだろう。

デザインを志す学生のために是非、気軽な値段で購入出来る廉価版の出版をお願いしたい。若い力がここから新しい表現を作り出すのに5年。そのくらい感覚をあけたらずいぶんと雰囲気の違った仕上がりになると思う。この手の本には「新しい感覚」が必要だ。

そうしたらところでdoslogosの記事中で2006年に発売されるであろう第三弾の表紙色は黒と予言した。第一弾の赤、第二弾の黄色に続く色として2006年ワールドカップドイツ大会にちなんで、ドイツ国旗の三色が選ばれると勝手に想像していたのだが…結果は予想を裏切る青。赤、黄、青か…。普通すぎてつまんなかったなあ。こうなると次の予想は比較的簡単。オレンジか、緑か、紫だね。
More...
スポンサーサイト
■ logo lounge
2005年09月20日 (火) 10:54 * 編集
logolounge.jpg

何となく…logo
店主評価★★☆

いわゆる「ロゴ」集。前半は数人のデザイナーのポートレートが、後半はテーマ別に分けられたロゴが数多く納められている。

ボリューム的な不満はないが、巻末に本書にデザインを提供したデザイナーのデザインインデックスや連絡先があるからというわけではないが、うがった見かたをするとこれらデザイナーのプロモーションに見えてしまう。

何となくデザイン方向性が近いものが多く、少々退屈なのだ。ただし、全体としてはロゴの質は高いので、見習うべきところは多い。
More...
■ dos logos
2005年06月12日 (日) 00:00 * 編集
doslogoss.jpg

世界各国のロゴを集めた決定版、第2集。

店主評価次にも期待で★★★★★+++

「los logos」から2年、前回にも劣らぬパワーで戻ってきた。たった2年なので一作目とデザインの方向性の差をあまり感じることはないが、クオリティが落ちることなくロゴが蒐集されているのは立派だ。

前作は[pict], [lettering], [characters] というように「ロゴのスタイル」別での分類であったが、本作では、[corporete], [culture], [music] というように「使用目的」別での分類になり、レイアウト上変化が見られるように工夫されている。

二年に一冊のペースだと来年が3冊目の予定年ということになるが、多分表紙は「黒」ではないか。「MUTABOR」「MUTABOR 2」と同じ出版社でこちらも赤・黄。来年はワールドカップドイツ大会だ。ドイツの出版社なので当然次は黒に違いない。次は知らない。
More...
■ los logos
2005年06月11日 (土) 00:00 * 編集
loslogoss.jpg

世界各国のロゴを集めた決定版。

店主評価★★★★★+++

ロゴを集めた本は多いが、内容、量共に充実の一冊。よけいなコメントは書きません。デザイナーはもとよりロゴマニアは必携。何かとデザインやイラストを頼まれる素人さんもこれ一冊持っているだけでスキルアップ確実。

ただし、あまりお堅いロゴは含まれていないのでデザイナーのたまご諸君は「田中一光」や「亀倉雄策」といった理詰めのロゴ集も一冊持っていたいところだ。
More...
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。